Artists



Stephan Mathieu

独ザールブリュッケン在住の音楽家、美術講師。90年代にはSTOLのインプロドラマーとしてKITTYYO等からリリース。その後、ソロ活動に専念。Hapna、HEADZ、 Ritornell、Lucky Kitchen、Fallt、Orthlorng Musork、Cronicaなど世界中のレーベルからリリース。またEkkhard EhlersやJohn Hudakともコラボレーション作品を発表。とりわけFULL SWING名義でOrthlorng Musorkからリリースした『Full Swing Edits』(2001年)は、彼のドラムをDSP処理でリアルタイム加工し断片化させたもので、当時画期的なその手法は高い評価を得た。さらに2008年に短波ラジオのリアルタイム・プロセッシングをテーマにした『Radioland』は、英国の名門ショップBOOMKATが選ぶ2008年のトップ100レコードの栄えある第一位に選ばれた。2012年から重量盤LPのみをリリースする自身のレーベルSchewangを始動し、アナログサウンドへの飽くなき追求は止まることを知らない。現在David Sylvian、 Fennezと豪華トリオ「The Kilowatt Hour」を始動させ世界中で話題を集めている。まさに2000年代以降の電子音楽家として最重要人物となっている。今回が待望の初来日となる。

Stephan Mathieu is a self taught composer and performer of his own music, working in the fields of electroacoustics and abstract digitala. His sound is largely based on early instruments, environmental sound and obsolete media, which are recorded and transformed by means of experimental microphony, re-editing techniques and dedicated software processes; it has been compared to the landscape paintings of Caspar David Friedrich, the work of Colorfield artists Mark Rothko, Barnett Newman and Ellsworth Kelly. During the last decade Stephan’s music has been released on 35 records and CDs. Apart from refining his solo work he currently collaborates with Akira Rabelais, Robert Hampson/Main, Jefre Cantu in live and studio projects. He runs his own label Schwebung specializing in vinyl and high resolution digital, and works as a mastering engineer.

http://www.schwebung.com/


Taylor Deupree

1971年生まれ、ニューヨーク在住。サウンドアーティスト、グラフィックデザイナー、写真家として活動。1997年1月1日、デジタルミニマリズムと現代様式に焦点をあてた音楽レーベル12kを設立。現在世界で最も影響力のある電子音楽レーベルになっている。Ritornell/Mille Plateaux、Raster-Noton、Sub Rosa、Fallt、Audio.NLを含む、数々のレーベルからリリースを続け、過去11年の中でInstinct Records、Caipirinha Music, Plastic City、Disko B、Dum等のレーベルからもリリース。Prototype 909、SETI、Human Mesh Dance、Futique(1992-1996)など過去のテクノ・アンビエントのプロジェクトを含め、多くの評論的賞賛と評価を得ており、時代を代表する音楽家として確固たる地位を築いた。また、デザインワークは世界中の多くのレーベルの作品で見ることができ、日本やイギリスの数々のデザインブックにも掲載されている。近年は坂本龍一との作品が話題となり、日本でも人気の高い音楽家である。

Technology and imperfection. The raw and the processed. Curator and curated. Solo explorer and gregarious collaborator. The life and work of Taylor Deupree are less a study in contradictions than a portrait of the multidisciplinary artist in a still-young century. Deupree is an accomplished sound artist whose recordings, rich with abstract atmospherics, have appeared on numerous record labels, and well as in site-specific installations at such institutions as the ICC (Tokyo, Japan) and the Yamaguchi Center for Arts and Media (Yamaguchi, Japan). He started out, in the 1990s, making new noises that edged outward toward the fringes of techno, and in time he found his own path to follow. His music today emphasizes a hybrid of natural sounds and technological mediation. It’s marked by a deep attention to stillness, to an almost desperate near-silence. His passion for the studio as a recording instrument is paramount in his work, but there is no hint of digital idolatry. If anything, his music shows a marked attention to the aesthetics of error and the imperfect beauty of nature, to the short circuits not only in technological systems but in human perception. And though there is an aura of insularity to Depuree’s work, he is a prolific collaborator, having collaborated with the likes of Ryuichi Sakamoto, David Sylvian, Stephan Mathieu, Stephen Vitiello, Christopher Willits, Kenneth Kirschner, Frank Bretschneider, Richard Chartier, Savvas Ysatis, Tetsu Inoue and others.

http://www.taylordeupree.com


Federico Durand

アルゼンチンのブエノスアイレス郊外Munizのアーティスト。 『La siesta del cipres』が日本のSPEKKよりリリースされ話題となり、その後、イギリスのHome Normalから2ndアルバムをリリース。一躍世界から注目を浴びる存在となる。アールグレーの紅茶が大好きと語る素朴な人柄同様、彼の音楽は日常や山で採取したフィールド・レコーディングを、ギターなどの楽器と一緒にラップトップで構築したどこか可愛らしい味わいが特徴的な音楽スタイルであったが、近年はラップトップを用いずアナログエフェクターを駆使した音楽に変容するものの、その独特で牧歌的な音楽は現在もさらに磨きがかかっている。

Federico Durand’s music is a weave of sound searching introspection and delight through simple melodies. Federico adores books, autumn, John Keats' poetry, botanical prints and Earl Grey tea. Federico Durand is a member of Melodía with Japanese musician Tomoyoshi Date. He also has a musical project with American sound artist Nicholas Sczcepanik called Every Hidden Color.

http://federicodurand.blogspot.jp

http://federicodurand.bandcamp.com


ILLUHA

アメリカ生まれ日本育ちのCorey Fullerと、ブラジル生まれ日本育ちの伊達ジュリアーノ伯欣は、お互いの音楽を通じて2006年に出会う。2007年当時Coreyの住んでいた、アメリカ北部ベリングハムにある教会での録音を、4年の歳月を経て完成させた1stアルバムがN.Y.の12kより発売。同アルバムは雑誌WIREなどに掲載され、発売後1ヶ月で完売となった幻の1stアルバムとなる。ライブバンドとしての評価が高く、これまでに日本やアメリカ西海岸ツアーを行った。昨夏にはライブ盤アルバム『Interstices』が12kよりリリース、今春には同12kより2ndアルバム「Akari」がリリースされた。Coreyは1stアルバム完成直前に日本へ移住、オーディオエンジニアおよび映像作家、ディレクターとして活動中。伊達は西洋医学と東洋医学を用いる医師であり、自然と文明の関わり方を科学と陰陽理論に基づいて、医療と音楽の側面から研究している。

ILLUHA is the Tokyo based duo comprised of Tomoyoshi Date and Corey Fuller. Known for their delicately detailed abstract compositions which blend a myriad acoustic and electronic sources, ILLUHA first surfaced in 2009 on The Wire’s Wire Tapper series. In 2011, they released their debut full length CD, Shizuku on 12k to critical acclaim, followed by Interstices (2013), and Akari (2014), their most detailed and challenging work to date. Equally compelling on stage as well as in the studio, ILLUHA has toured and performed with Taylor Deupree, Stephan Mathieu, Marcus Fischer, Simon Scott (Slowdive), Federico Durand, Grouper, and Ichiko Aoba and others. In 2013, ILLUHA was invited to perform in a quartet with Ryuichi Sakamoto and Taylor Deupree at the opening concert for the 10th anniversary of YCAM in Yamaguchi, Japan. A live CD of this performance is scheduled for release on 12k in late 2014.

http://www.illuha.com


Toshimaru Nakamura

市販の小型オーディオ・ミキサーに無理な結線を施し、「ノー・インプット・ミキシング・ボード」と名づける。それを用いて即興演奏をおこなう。

Toshimaru Nakamura has been producing electronic music on self-named "no-input mixing board," after long unhappy years with the electric guitar. The name describes the method of his music. "No" external sound source is connected to "inputs" of the "mixing board." Mostly an improviser, occasionally a composer for dancers, an instrumentalist for compositions.

http://www.japanimprov.com/tnakamura/tnakamuraj/


Tetuzi Akiyama

ギタリスト。1964年4月13日東京生まれ。ギターという楽器の持つ特質に、自身の欲求をミニマルかつストレートな形で加えていくことによる、原始的で即物的な意味合いを含んだ演奏を得意とする。ミクロからマクロに至る音量を、繊細に、ときには大胆にコントロールし、身体の電子化を試みる。

Tetuzi Akiyama plays the guitar with primitive and practical implications, by adding a desire of own to the instrument's characteristic nature in minimal and straight method. He delicately and sometime boldly controls the volume of the sound from micro to macro level, and tries to quantize his physical system. Besides making variety of solo albums which covers from fingerpicking and slide acoustic guitar atonalism to noisy experimental drone to never ending boogie, he have made many albums in collaboration with highly praised artists such as Jozef Van Wissem, Donald McPherson, Greg Malcolm, Bruce Russell, Günter Müller, Jason Kahn, Michel Henritzi, Phantom Limb, Gul3, Tim Barnes, Oren Ambarchi, Martin Ng, Anla Courtis and Alan Licht, just to name a few. He is also a band member of Koboku Senjû, Satanic Abandoned Rock & Roll Society and Hontatedori. Akiyama is a frequent guest at international music festivals in East & West Europe, North & South America, Australia and New Zealand in recent years.

http://www.japanimprov.com/takiyama/takiyamaj/


Ken Ikeda

1964年生まれの現在はロンドンを拠点に活動するサウンド・ヴィジュアル ・アーティスト。英Touchからリリースしたファースト・アルバム「Tzuki」は、 ほぼDX7のみでサイン波を哀愁たっぷりに奏でた名作として話題になる。セカンド 「Merge」を同レーベルからリリース後、“Mist on the window” , “Kosame”をSpekkからリリース をSPEKKからリリース。これまでに杉本博司、横尾忠則、デビッド・リンチ等の展示に楽曲を提供した他、 近年はパートナーでもある現代美術家、森万里子の世界中のインスタレーションに参加している。

Ken Ikeda is a video artist and composer born in Tokyo (1964) , currently a resident in New York. He has exhibited sound art and visual installations around the world and has collaborated with painter Tadanoori Yokoo and artist Mariko Mori. Mist On The Window is his third album, following Tzuki (2000) and Merge (2003) both from Touch label and Mist on the Window (2007) and Kosame (2011) both from SPEKK.

sawako

名古屋出身、東京とニューヨークに6年ずつ在住後、ノマディックに活躍中の音響作家。日常の小さな断片を切り取って、フィールドレコーディングとデジタル技術を用いながら、様々な情景の織りなすオーガニックで瑞々しい世界を紡ぐ。これまでに、12kから2枚のアルバムをリリース、その他にAnd/OARやscholeなどからもリリースがある。2011年にはスペインのSONARフェスティバルでプラネタリウムのための音と映像作品を発表。MUTEKフェスティバル(カナダ)やWarmup at P.S.1/MoMA(ニューヨーク)といったフェスティバルから、神社、カフェ、ギャラリー、森、能楽堂、倉庫、船、古民家など、世界各地の様々な場所で音を紡ぎ続けている。

Sawako is a sound sculptor, a timeline-based artist and a signal alchemist who understands the value of dynamics and the power of silence. Once through the processor named Sawako, subtle fragments in everyday life float in space vividly with a digital yet organic texture. Sawako released her albums from 12k (USA), and/OAR(USA), BASKARU (France) and Anticipate (USA). She has performed internationally as an audio and/or visual artist in MUTEK (Canada), Warm Up at P.S.1 (NYC), UCLA Hammer Museum (LA), OFFF Festival (Lisbon), CosmoCaixa in Sonar Festival (Spain), ICA London (UK).

www.troncolon.com


Tetsuro Yasunaga

1999年から2007年までcubic musicに参加。2008年より「安永哲郎事務室」名義でコンサートや美術展などの企画・プロデュースを行う。また、minamo、HELLL、VOIMAなどのグループで電子楽器などを用いた演奏活動も行っている。国内外のレーベルから多数のCD作品をリリースしているほか、都内を中心に積極的なライヴ活動を行う一方、これまでにアメリカ、ヨーロッパ、オーストラリアなどの各都市でもコンサートツアーを果たしている。

Tetsuro Yasunaga was born in 1976. He started performing music in '99, playing electronics in the electroacoustic unit minamo. At the same time, as a founding member of the cubic music and cubicfabric labels, he began producing and releasing albums and curating events. Yasunaga later did session work with the likes of Ami Yoshida and Utah Kawasaki. His current projects include the audiovisual unit Voima, with Yasufumi Suzuki, and the slowcore band Hell, with asuna and Sakiyo Tobita. In addition to his many live gigs in Japan (mainly Tokyo), he tours in cities in America, Germany, The Netherlands, Austria, Macedonia, and so on. In 2004 Yasunaga produced Soundsleep, an installation employing a "howling system" made from computers and tapes, and put on a private exhibition of the same name (at appel in Kyodo, Tokyo).

http://www.jimushitsu.com/


Melodia

1976 年アルゼンチン生まれのFederico Durand と1977 年ブラジル生まれのTomoyoshi Juliano Date による、アコースティック・アンビエントデュオ。幼少期の3 年間を共に南米大陸の上で過ごす。2005 年にDate がOpitope として、 2009 年にFederico がソロ名義としてSPEKK より共にデビュー作を発売。その音楽を介してお互いを知り、2011 年に二人のソロ作品がルクセンブルクのOwn Records より発売され、その翌年に二人で17 日間に渡るヨーロッパツアーを敢行、Melodia を結成する。 Federico は詩人であり高校の国語教師、Date は救急医療と東洋医学の医師でもある。

Melodia is Federico Durand (known for his popular works on SPEKK, Home Normal, Own Records) and Tomoyoshi Date who is one half of Optiope (SPEKK) and Illuha (12K). Together they bring out harmonic lullaby-esque music that are pleasant throughout. The album was produced in 2012 when they did an European tour together, and the original mastering is done by Stephan Mathieu who let them stay at his house at the time. The album title “Saudages” encompasses all of these wonderful memories, and beatiful layers of sounds floats and dissapears in slowmotion. Originally released on Own Records as vinyl only, but we made a special CD version, adding 4 more unreleased tracks.

http://melodia-fd-td.tumblr.com


嶺川貴子 + Dustin Wong

2011年の夏、ダスティンのライヴを観に行った嶺川と、元々彼女のファンであったダスティンが知り合う。この出会いをきっかけに交流が始まった両者は、 音楽や宇宙、神話談義で盛りあがり、セッションを重ねていき、ごく自然な流れでコラボレーションへと派生していった。音だけにとどまらず、絵や映像も二人 で共作、その結果でアルバムジャケットとPVも出来上がった。


Yusuke Date

1982年生まれ東京在住。高校卒業後渡米。UMassボストン大学にて映画と写真を学ぶ。帰国後、OpitopeやASUNA、ILLUHA、LuisNanookといった音響シーンのアーティストとの共演を経て、現在TwoArconsなどのレーベルからリリースを依頼されるなど、国内外の話題を集めている。


Tsutomu Satachi

1978年5月11日生まれのSSW。Blues、Folkをルーツに日々目に映る自然の美しさを静かに歌う。2005年にソロアルバム「凧の平地」を、音響家Chihei Hatakeyamaとのデュオ「Luis Nanook」として2枚のアルバムをリリースしている。



Movie by IN/AWT

Design by Shohei Tsuda [IN/AWT]